年齢を重ねると、唾液の分泌量がだんだん低下してしまいます。唾液の分泌量が低下すると、お口の中に菌が増えて、虫歯になりやすかったり、口臭の原因にもなります。

だからといってガムやアメでしのごうとしてもそれは一時的なもので、口臭の原因の根本をケアしていかないとあんまり意味がありません。夜歯磨きをしっかりしていたとしても、寝起きは口の中に細菌がたくさんいる状態なので、朝食をとる前にマウスウォッシュなどでキレイに洗い流しましょう。食事をとった後はもちろん歯磨きをしっかりとしましょう。歯茎も弱ってくると歯槽膿漏になって口臭の原因になるので、歯磨きのついでに歯茎も血行が良くなるように刺激しましょう。しっかりとお口の中を清潔に保つことが口臭の予防に繋がります。